富樫栄孝の公式ブログ!

All posts tagged マインドフルネス

マインドフルネス:ブッダの教え!



マインドフルネス

 

マインドフルネス:ブッダの教え!

 

少し前から世界を牽引する企業まで育ったGoogleが、社員研修の中で取り入れているものとして一気に認知されるようになったマインドフルネス。

集中力の強化・ストレスの軽減・アイデアや閃き力を育てるための側面として知られるようになり、ビジネスマンやアスリートの間でも1つの流行となっています。

 

ただ、本質はそこではなく、マインドフルネスの手法を編み出したブッダ(釈迦)は、人が幸せになるための方法として「慈悲の心」を養う必要があると説き、それを養うための修行(トレーニング)が、マインドフルネスが生まれた一因と言われています。

 

マインドフルネスとは!?

 

「ある」ものをただ「ある」と認識すること:Knowing(知っている)

 

心の状態を反応ではなく、理解すること。

過去の悪い記憶に反応してしまうから悩みや苦しみが生まれるとブッダは説きました。

 

過去の出来事を考えたり後悔するのではなく、まだ見ぬ未来を心配するのではなく、今現在の自分の内面(心の状態)を観察することが、最初の一歩となります。

 

気づき(Sati)を増やすこと!

 

ブッダは、弟子たちにありのままの自分の状態で、幸せに生きるためには、Sati(サティ)を増やすことであると教えていました。

Satiとは、気づきです。

気づき=理解することが大切であると言いました。(反応はしないこと)

 

人の心の動き方!

 

・感情:受(Uedana)

・思考:想(Sanna)

・意欲:行(Sankhara)

・感覚:色(Rupa)

 

この中で、マインドフルネスの練習をする上で大事なのは、感覚(色)となり、これは人間の五感のことを指します。

 

心の使い方!

 

ブッダが説いた仏教とは何か!?

一神教を信じるキリスト教やイスラム教などとは異なり、仏の道を信じるものでもありません。

 

ブッダが説いた仏教とは、極めて合理的であり、確かなロジックがあります。

端的に言ってしまうと仏教とは…

 

正しい理解と思考によって苦(Dukkha)から解放される方法です。

 

そして何を正しく理解するかと言うと、自分の心です。

 

「理解」と「反応」

 

この2つの概念は全くの別ものとなります。

 

トレーニングのやり方!

 

胡坐や座禅を組み、しっかりと背筋を伸ばし、半目の状態か軽く目を閉じます。

ゆっくりと呼吸をし、その呼吸を通して自分の内面をただ観察するだけです。

ただ、この観察するだけという行為が、能動的に生きる人間にとっては難しい行となります。

だから日々練習するのです。

 

そして、妄想(雑念)しそうになったら自分の感覚(五感)に返ることです。

もし、マインドフルネスをやろうと座っている時に「寒い・冷たい」という身体的な感情が生まれたら、その感情を俯瞰的にただ観察するだけです。

 

第三者の目線でただ観察することで、普段見落としがちな気づきに接する瞬間があります。

マインドフルネスとは、理解する心を養う行為です。

 

1日に5分でもいいので、心を静め目を閉じて練習(観察)することを日課にしてみましょう。

毎日やってみても毎回違う思考・新しい気づきに出合うに違いありません。

 

瞑想を寝る直前にはじめました!



瞑想

 

瞑想を寝る直前にはじめました!

 

瞑想というとほんの少し前までは、聖人君主や僧侶たちが行う修行のようなイメージがあり、「何か怪しい」という変な先入観がありました。

しかし、今では亡くなったスティーブ・ジョブズや一流のアスリートの方々が、パフォーマンス力を上げる為や、心を落ち着け仕事に集中する為の意味合いとして、瞑想を取り入れるイメージが根付いてきました。

 

私が瞑想に興味を持ったきっかけの1つとしては、憧れのギタリストである、ジョン・フルシアンテ(元レッチリ)スティーブ・ヴァイなどが、作曲のアイデアを得る為に瞑想を行っている事実を知ってからです。

調べてみると、アーティストの中にも瞑想を習慣化している人は他にもいました。

 

沢山ある瞑想の種類!

 

インドで生まれたヨガと瞑想は切っても切れない関係にあり、その種類も沢山あります。

東洋文化の叡智と西洋文化の合理性をミックスしたようなものが、現在アメリカを中心に流行っているようです。

 

主に3つあります。

 

・集中瞑想

 

⇒呼吸など、今自分が行っていることに意識を向ける。

古くから行われてきた瞑想で、最も多くの研究がなされてきたもの。

呼吸や体の内側の感覚に集中し、気が散り始めたら再び集中しなおす、ということを繰り返す。

 

・慈悲の瞑想

 

⇒自分自身と他の人たち、世界のあらゆるものの幸福を願い、それを念じる。

慈愛の心が養われ、共感力が高まるとされてきた。

 

・観察瞑想

 

⇒「マインドフルネス」や「解放観察瞑想」とも呼ばれる。

判断や批判をせずに自分の思考を観察することに集中する。

それにより、他人のものの見方を理解する力が高まるとされている。

 

ちなみに私がはじめたのは、「観察瞑想」です。

 

とにかく呼吸に意識を向けること!

 

まだまだ深い瞑想状態に入ったことはありませんが、心はとても落ち着きます。

私の場合、ヨガを習っているので、座禅を組む前に、ベッドの上でできるヨガのポーズをいくつかやって、身体の柔軟性を日々鍛錬してからやります。

 

そして、背筋を伸ばして座禅を組み、鼻呼吸を意識して「吸って・止めて・吐く」を繰り返します。

この止める行為が重要なようです。

 

ヨガの古典書である「ヨーガスートラ」には…

 

調気とは呼息と吸息の流れを断ち切ることである。

一瞬息を止めている時に、生命エネルギーであるプラーナが全身を巡る。

 

忙しい日常生活では、生きていく上で欠かすことのできない「呼吸」に意識を向けることはありませんからね。

毎日続けることで、心の調和が取れ、良い気づきが得られるそうなので、続けていきたいと思っています。