富樫栄孝の公式ブログ!

All posts tagged ビジネス

マズローの欲求5段階説を理解してマーケティングに応用する!



マズローの欲求5段階説

 

マズローの欲求5段階説を理解してマーケティングに応用する!

 

アブラハム・マズローは、人間の動機と言動を説明した「欲求階層」を考案した心理学者です。

このマズローの欲求階層は、ピラミッド階層の図となっており、ビジネスや教育を含む色んな分野でもよく使われております。

 

アブラハム・マズロー(1908~1970 心理学者)

 

人間心理学の最も重要な生みの親とされています。

これは、精神病理の理解を目的とする精神分析と、人間と動物を区別しない行動主義心理学の、いわゆる「第三の勢力」として、心の健康についての心理学を目指し、人間の自己実現を研究したからである。

 

マズローの人格理論は、通称「自己実現理論(欲求段階説)と呼ばれ、心理学のみならず、経営学・看護学など他の分野でも言及されています。

 

 

第一段階:生理的欲求

 

1番下の階層は、生きていく上での本能的(生理的)な欲求です。

「食べる」、「寝る」、「子孫を残したい」=食・金・物などの報酬が欲しいというものです。

 

第二段階:安心・安全の欲求

 

これは快適に暮らすための安心・安全を求める欲求です。

自身の身を守るための住居や、安定した雇用(正社員)状態が欲しいというものです。

 

第三段階:愛と所属の欲求

 

集団に属したり、友達などが欲しいという欲求です。

または、家族や親戚などの繋がり、会社やブランドなどを求める状態です。

 

第四段階:社会的承認の欲求

 

社会的に価値のある存在になりたいと思う承認の欲求です。

他者から認められ、尊敬されたいと欲する段階です。

 

第五段階:自己実現の欲求

 

自分の夢を叶えたい・志やミッションに生きたいと求める自己実現の欲求です。

社会的な地位やステータスを超え、「ありのままの自分」を表現したいと思う状態です。

 

一般的に、第1~3までを「欠乏の欲求」といい、世の中で戦争が起こった原因と言われています。

そして、第4~5までを「成長の欲求」と言われ、歴史上の人物や成功者の方々が求めていた欲求のステージとなっています。

 

さて、あなたは今階層のどこにいますか?

以下の簡単な自己診断テストで今の状態を知り、あなた自身の成長の動機づけに一度向き合って内省してみて下さい。

 

自己診断テスト!

 

1、私は食べ物、またはそれを買うお金に困っていない。

2、私は住む家に困っていない。

3、私は基本的に安全で、危害を起こすような物事からは守られていると思う。

4、私の人生は安定しており、規則正しくうまく回っている。

5、私は長期に渡る混乱や、制御不能と感じるような状態ではない。

6、私は愛する家族の一員だ。

7、私は友人や同僚といい関係を築いている。

8、私の家族・友人・同僚はありのままの自分を受け入れてくれる。

9、私は自分の仲間から認められている。

10、私は自分の人生と仕事において成功している。

11、私は自分の人生や仕事で全うする自分の責任や役割について満足している。

12、私は自分の地位や名声や自尊心のレベルに満足している。

13、仕事に当てはまることよりも知識を追い求め、その意味を見出すことが私にとっては非常に重要だ。

14、私の最も重要な目的の1つは、人々が各自の持つ可能性を発揮できるように手伝うことだ。

15、私は自分の究極の可能性を実現することにフォーカスしている。

16、私は積極的に自分の人生に調和を求める。

17、私にとって自己認識や自己啓発は重要だ。

 

・1~2に当てはまらない場合

⇒生理的欲求が満たされていない。

 

・3~5に当てはまらない場合

⇒安心・安全欲求が満たされていない。

 

・6~8に当てはまらない場合

⇒愛と所属の欲求が満たされていない。

 

・9~12に当てはまらない場合

⇒社会的承認の欲求が満たされていない。

 

・13~17に当てはまらない場合

⇒自己実現の欲求が満たされていない。

 

いかがでしたか?

今満たされていない(渇いている)欲求が分かりましたか?

さらに突っ込んで、以下の質問にも思考をめぐらしてみて下さい。

 

Q、それはあなた、またはあなたのビジネスにどのような意味がありますか?

 

Q、もし、あなたが次のレベルに到達したら、あなたの仕事や人生はどうなるのでしょうか?

 

Q、そのレベルであなたの欲求を満たすためには、どのような行動を取ることができますか?

 

マズローの欲求5段階説をマーケティングに応用する!

 

マーケティングを行う上で、1番最初に考えることは「商品」ではなく、「市場」、もっと言うとどんなターゲット層(消費者)に向けてアプローチをするのか?

ニーズがあるところにそれに合った商品開発をしなければいけません。

 

アブラハム・マズロー

 

そこでマズローの欲求5段階説を応用してみますが、原則が1つあります。

 

人は現状の段階にある欲求を満たせないと、それより上の欲求を感じることはない

 

マズローはそう提唱していますが、マーケティングを行う上ではもう少し柔軟に考えてみる必要がありますし、この原則も「絶対」ではありません。

 

人は感情の変化を求めて商品を買う!

 

人は理論的に考えて物を買うのではなく、ほとんどの場合、「感情の変化」を求めて物やサービスを買います。

購買心理を促す感情の変化は6つあります。

 

1、退屈感の解消

2、寂しさからの解消

3、肉体的(精神的)痛みの解消

4、健康問題の解消

5、お金の問題の解消

6、虚無感の解消

 

以上のような「問題解消」を求めて、最終的には感情が動き商品を購入します。

そして、大ヒットする商品やサービスの特徴は、2つ以上の「問題解消」を提案・提供してくれるものです。

 

例えばFACEBOOKやLINEなどは、「退屈感の解消」と「寂しさからの解消」の2つの問題を解消してくれるサービスです。

サプリメントや予防医学などは、「肉体的痛みの解消」と「健康問題の解消」をカバーしています。

 

時短やIoTなどの家電製品は、「肉体的(精神的)痛みの解消」と「お金の問題の解消」に繋がります。

 

満たされていない感情の変化を満たしてあげれるように、問題を解決していくことがビジネス(商売)の基本だと思います。

何かの参考になれば幸いです。

 

残念、5つの「あ」がない人は仕事がうまくいかない!

ビジネススキル

 

残念、5つの「あ」がない人は仕事がうまくいかない!

 

世の中には、高学歴なのにイマイチぱっとしないサラリーマンの方がいたり、1つの専門分野に精通した職人レベルの技術・スキルを持っていながらも職場を転々と変える少し残念な人たちがいます。

反対に高卒でも起業して身の丈にあっただけの従業員の数を雇い、着々と業績を伸ばす社長もいれば、そんなに抜きん出た能力がなくても愛されキャラとして上司やお客様から可愛がられ、営業の成績でトップを取り続ける営業マンもいます。

 

ようは、皮肉なことに高学歴なのに安月給な人と、低学歴でも高い給料を貰っている人がいるのです。

 

今回は、それを分けるキーワードとして、5つの「あ」がない人は仕事がうまくいかない理由を紹介します。

 

1、あいさつができない。

 

いくら高度なスキルや学歴があったとしてもコミュニケーションの基本ですよね。

IT技術が盛んになり、ネット世代の若者が増えてきて希薄になりつつありますが、こういった基本的なことができない人には大きな仕事などは任せられないですよね。

むしろこんな時代だからこそ明るく元気なあいさつができる人は好印象を与えられます。

 

2、ありがとうが言えない。

 

人間は他人から認められたり承認されたい生き物です。

小さいことでも素直に、「ありがとう」と感謝の気持ちが言える人の周りには人もチャンスも集まります。

 

3、謝れない。

 

自分の間違いや非を認めることはかっこ悪いし、評価が下がると思われがちですが、それは反対です。(ばれなきゃいいと思う精神は論外)

 

ちゃんと謝れる人は度量があり、器も大きい人です。

それに謝り方1つで、相手に誠意も伝わります。

 

4、頭を下げられない。

 

プライドの高さは上司や年上の方からしたら鼻持ちな存在です。

頭を下げて謝ることや、人の協力やアドバイスをもらえるようにお願いすることも大切なスキルの1つです。

 

格言として、男は根性、女は愛嬌と言いますが、男性でも「愛嬌」があった方が可愛がられますし、一緒にいて気持ちの良い人と思われて色んな人を紹介してくれるかもしれません。

 

5、新しいことに取り組まない。

 

つい昨日まで上手くやっていたことが通用しなくなる時代です。

常に新しい技術や最新情報などには、アンテナを張って敏感になった方がいいです。

 

現状維持=退化・後退です。

 

大人になっても一生青春・一生勉強と思って、いくつになっても好奇心と興味を持って生きた方が楽しいし、心身の老化現象もペースを落とせます。

それに単純に色んなことに興味を持って挑戦する人ってかっこいいし、応援したくなりませんか?

私自身も肝に銘じていることです。

 

いかがでしたか?

どれか1つでも自分自身に当てはまるものがありましたか?

 

あったとしたら今後は意識して改善するように努力すればいいだけです。

ちなみに私の場合は、3と4が意識しないとできない傾向にありますので、気を付けています(笑)。

 

仕事で出世したい人や、キャリアアップしたい方などの参考になれば嬉しい限りです。