富樫栄孝の公式ブログ!

All posts tagged デール・カーネギー

マンガでやさしくわかるアドラー心理学を読んでみた!



アドラー心理学

 

マンガでやさしくわかるアドラー心理学を読んでみた!

 

嫌われる勇気の本が、少し前に大ヒットしてから一気にアドラー心理学のブームが来て「心理学」にも光が当たるようになってきました。

自己啓発の祖となる心理学ですが、「嫌われる勇気」の本を知るまでは、私も含め世間的にもそんなにアルフレッド・アドラーの知名度は高くはありませんでした。

 

「人を動かす」や「道は開ける」などのベストセラー作家である、デール・カーネギーや、「7つの習慣」の著者であるスティーブン・R・コヴィーなど、彼らの思想に影響を与えた人物が、アルフレッド・アドラーでした。

 

実践の心理学として有名な「アドラー心理学」のストーリー仕立てのマンガを読みましたが、簡潔でわかりやすかったのでシェアしてみたいと思います。

 

アドラー心理学の全体像!

 

他者を勇気づける心理学。

 

勇気づけとは…

⇒困難を克服する活力を与えること。

 

・人間は、環境や過去の出来事の犠牲者ではなく自ら運命を創造する力がある。「自己決定性」

 

・過去の原因ではなく、未来の目標を見据えている人間の行動には、その人特有の意思を伴う目的がある。「目的論」

 

・人は心の中が矛盾対立する生き物ではなく、一人ひとりかけがえのない、分割不能な存在である。「全体論」

 

・人間は、自分流の主観的な意味づけを通して物事を把握する。「認知論」

 

・人間のあらゆる行動は、相手役が存在する対人関係である。「対人関係論」

 

精神的な健康のバロメーター。

共同体の中での所属感・共感・信頼感・貢献感の確かさを求めて行動する。(共同体感覚)

 

とくに私が印象に残っている理論が、未来志向の「目的論」でした。

因果律(原因論)の対極にあたる思想であり、その分インパクトも強かったです。

 

原因論と目的論の違い!

 

「原因を探ることは、解説にはなるけれど解決には結びつかない!」

 

原因論<原因・結果アプローチ>

 

1、過去の原因が現在に支配的な影響を及ぼす。(過去志向)

 

2、意思は問われない。

 

3、環境の被害者・犠牲者の色彩を与える。(被害者意識)

 

4、本人の勇気をくじく。(勇気くじき)

 

目的論<目的・手段アプローチ>

 

1、未来の目標が現在を規定する。(未来志向)

 

2、意思が問われる。

 

3、創造的な当事者としての意識を植え付ける。(当事者意識)

 

4、本人に勇気を与える。(勇気づけ)

 

過去の失敗を生かすアプローチは大切ですが、原因を相手に追求してもただ単にその人を傷つけてしまうだけです。

まさに、「原因を探ることは、解説にはなるけれど解決に結びつかない」のです。(陥りがちなパターンですよね)

 

ほめることと勇気づけることは明確に違う!

 

「ほめる」ことと、「勇気づける」ことは似たニュアンスがありますが、アドラー心理学では明確に違いを言っています。

 

勇気づけることは、「困難を克服する活力を与えること」であるのに対し、「ほめる」は相手をいい気持ちにして何かをさせようとする点が挙げられます。

 

アメとムチのような関係性ではなく、相手を信頼して対等な立場として相手を勇気づけることが大切なようです。

 

最後にこの本は、ストーリー仕立てのマンガで、話の展開は非常に早く実際にこんなにスムーズに上手く発展するか?と少し突っ込みたくはなりましたが、「アドラー心理学」を理解する上ではかなり理解しやすかったです。

 

人に好かれる人がとっている行動とは!?



デール・カーネギー

 

人に好かれる人がとっている行動とは!?

 

友人の数がすごく多い人がいたり、周りの人から愛されているような人ってたまに見かけますよね?

私の友人の中でも何人かはそういう人がいて、裏表のない感じだったり、あまり気を使わなくてもいいような妙な安心感を醸し出している印象があります。

素直にうらやましいなと思っていつも見ていました。

 

先日、すごく久しぶりにデール・カーネギーが書いたビジネス書の名著である「こうすれば必ず人は動く」を読み変えしてみました。

改めて読んでみると、「人に好かれるための方法」という項目があり、ついつい夢中になって読んでしまいました(笑)。

 

普遍的な内容だと思うので、ここで紹介します。

 

人に好かれるための方法!

 

ルール1

 

気むずかしさを払拭して、微笑むこと。

明るさを振りまくこと。

そうすれば、人はあなたがやってきて来てうれしく思い、いなくなって淋しく思うものです。

 

⇒無口で暗い雰囲気の人よりかは、笑顔が素敵で明るい感じの人の方が近寄りやすいですからね。

 

ルール2

 

他の人の願望や希望を考えること。

自分がやりたいと思うことに固執しない。

 

⇒相手の立場になって親身になってくれる人が好かれないわけがありません。

 

ルール3

 

人から何かをしてもらって、当然と思わないこと。

常に「ありがとう」と言うことを忘れずに。

そうすれば相手のほうから心遣いをしてくれるようになるものです。

 

⇒簡単なことですが、感謝の気持ちを言葉にしていうことはとても重要です。

 

ルール4

 

自己憐憫に陥ったり、自分の悩みを愚痴ったりしないこと。

他の人にも悩みがあることを忘れずに。

 

⇒愚痴をこぼすことは、相当自制して意識しないとついついやってしまいがちな行動の1つです。

愚痴や弱音ばかりを聞かされる立場になって考えてみれば、努力する価値は十分にあると思います。

 

ルール5

 

自分の頭の良さを誇ったり、過去の栄光を喧伝したりしないこと。

あなたの素晴らしさは、他の人に自然に知られれば、それで良しとする。

 

⇒過去の栄光などを自慢する人って客観的にみるとイタイですよね!?

 

ルール6

 

自己蔑視を他人にもそれとわかる態度で示すと、その人もあなたを蔑視するようになる。

人間の尊厳を持たない人は1人もいない。

その本来持っている尊厳を自ら捨てる愚を犯してはならない。

 

⇒人生の黄金律で「自分が接してもらいたいように他者に接すること」の本質は忘れないようにしたいものです。

 

相手の興味・関心に密着すると友達が増える!

 

以上の6つのルールにプラスして、相手の興味・関心のある話題を中心に話を進めると親密度をさらに加速します。

 

自分のことを忘れて無私の気持ちで相手に対する興味・関心を抱けば、友人を作ろうなどと考えなくても、友人ができるということです。

 

ベンジャミン・ディズレリー イギリス首相

 

これこそ開かれたコミュニケーション(ラポール)を築く上で、大切なことだと思います。

自分の話ばかりをするのではなく、聞き上手になって、相手との会話を楽しめるようになっていきたいものです。