超一流のリーダーに共通する5つの時間管理術!

 

偉業を達成する大物や、複数の事業をいくつも立ち上げては上手く軌道に乗せる経営者には、いくつか共通点があります。

まず1つ大きなものとしては、多くの人を巻き込む迸るような情熱(パッション)を持っています。

 

何としてでも成し遂げたいと思うビジョンや熱い想いに共感して多くの賛同を得られ、仲間や協力者が集まってきます。

 

今回は、それに加え、超一流のリーダーに共通する5つの時間管理術を紹介したいと思います。

 

1、忙しいがストイックではない。

 

基本的に経営者や人の上に立つ指導者や何かの組織のチームリーダーなどは、やることが多く忙しいです。

いちいち報告・連絡・相談などの「報・連・相」に対応している時間もありませんし、そもそもそんなことを実行しているリーダーは二流です。

 

しかし、1分1秒の大切さは十分理解していますが、OnとOffの切り替えが仕事の質を高めることを知っていますし、遊ぶ時はしっかりと遊ぶ心のゆとりも持っています。

それにリーダーが常に鬼気迫る感じで組織を束ねていたら短期的には良い結果を出すことはできるかもしれませんが、いずれみんな疲弊して士気が下がることを知っています。

 

2、ベストな体調を知っている。

 

ハイパフォーマンスを出すための自分にとっての体調管理法を知っています。

その為に、朝食は軽めにするとか、満腹になると午後から眠くなるからランチはリンゴ1個だけとか独自のルールを持っています。

 

目覚めのために朝走る習慣を身に付けている人も沢山います。

 

3、頭を空っぽにする時間を作る。

 

忙しかったり日々の業務に追われていると、どうしても多くの雑念やいらない騒音が入ってきます。

1日に5分~10分ほど、良いアイデアが生まれる準備のために瞑想・ヨガなどを取り入れるリーダーは沢山います。

 

スティーブ・ジョブズは、禅の思想に影響を受けて、仕事をする前には瞑想をすることを習慣にしていました。

 

4、アイデアはすぐにメモする。

 

ちょっとしたアイデアやインスピレーションが、ものすごいヒット商品に繋がったり、サービスになる時代です。

コンパクトなアイデア帳などを常に持参しており、何か閃いたりしたらすぐにメモを取り、記録に残します。(ボイスメモ等)

 

5、家族もリスクマネジメント。

 

日頃から家族が、自分自身を支えてくれるからこそ大事な「仕事・志事」に集中できることを理解しているので、週末の家族サービスなどもとても大切にしています。

 

また、1番身近なコミュニティーである家族を大事にできなかったり、上手く家庭をまとめることができない人が、会社や組織を上手くまとめることができるのか?

従業員やチームメンバーを思いやって会社のビジョンやミッションを共有しているか?

 

そこまで厳しく見て、家族を大切にする人もいます。(欧米ではその傾向があります)

 

いかがでしたか?

以上の5つが、超一流のリーダーに共通する5つの時間管理の法則でした。

 

すぐにできるものもあれば、最初は中々難しいものもあると思います。

ただし、少し自分自身の意識や考え方(マインドセット)を変えるだけで、大きな結果に結びつくものもありますので、この機会にできることからやってみてほしいと思います。