富樫栄孝の公式ブログ!

All posts in リーダーシップ

多動力を読んでみた!



多動力

 

多動力を読んでみた!

 

ホリエモンこと、堀江貴文氏の著書「多動力」を少し遅らばせながら読んでみました。

いまどきの本らしく文字数は多くなく、短い時間ですーっと読める本でしたが、内容は意外と良かったです。(良い意味で裏切られました)

 

私が印象に残っている部分を6つに絞り紹介したいと思います。

 

三つの肩書きをもてばあなたの価値は1万倍になる。

 

今の時代は1つの仕事を定年まで続けることにはあまり価値はなく、賃金もそんなには上がりません。

そこで自らの稼ぐ力を高める方法として、元リクルートの藤原和博さんが提唱している「レアカードになる方法」を実行するのが有効です。

 

まず、1つのことに1万時間取り組めば「100人に1人」の人材になれます。

次に軸足を変えて、他の分野に1万時間取り組むと、「100人に1人」×「100人に1人」の掛け算になり、1万人に1人の人材になれます。

さらに頑張って別の分野に挑戦すると、「100×100×100」=100万人に1人の人財になれます。

 

まずは一つのことにサルのようにハマれ。

 

多動力とは少し異なる考え方ですが、興味のあることに次から次へと好奇心を持って夢中になれる力を持つことが大事とのことです。

義務教育的にバランスを取ろうとせずに徹底的に偏って尖ってた方が応用が効くようです。

 

電話をかけてくる人間とは仕事をするな。

 

「自分の時間」を奪う最たるツールが電話です。

ホリエモンも電話に出ないキャラらしいですが、この点では同じく私も電話には基本的には出ません(笑)。

 

訂正すると数年前から出ないキャラを定着させようと周りに公言しています。

理由は、電話に出ることで、仕事が中断するし、電話が終わったあとに仕事に取りかかろうとすると、「集中モード」に入るのに倍以上の時間がかかってしまうからです。

 

知らないことは「恥」ではない。

 

まさに「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」ですね。

とくに情報化社会が加速していく時代なので、知らないことは遠慮しないで、知っている人に質問した方が早いです。

それに最低限の知識の枠組みぐらいは、いくらでもインターネットのグーグル先生に頼ればいいです。

 

仕事の質は睡眠で決まる。

 

これは、最近では当たり前になってきた偉人たちの特徴の1つですが、世界トップクラスの人たちはちゃんと睡眠時間を確保して寝ています。

しっかりと寝て脳と身体を休ませるからこそ、高いパフォーマンスを保てるのです。

 

小利口はバカに勝てない。

 

とにかく1番先に手を挙げる。

そうすると頭のいい小利口たちがついてきてくれる。

 

これは、リーダーシップの神髄ですね。

とにかく勇気を持って最初に旗揚げをする人が1番貴重な人材です。

 

他にも印象に残ってるものはありましたが、本文の中ではホリエモン節が炸裂しており痛快でした。

凝縮されたエッセンスが入っていた本だったので、色々と参考になりました。

 

ストレングスリーダーシップを読んでみた!



ストレングスリーダーシップ

 

ストレングスリーダーシップを読んでみた!

 

さあ、リーダーの才能に目覚めようというキャッチフレーズが目に留まり、自分の強みを生かした人の動かし方を知りたいと思い、「ストレングスリーダーシップ」の本を買いました。

この本は、「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう」というシリーズの続編のようなもので、いわゆる巷に溢れる「リーダーシップ論」を謳ったものとは少し主旨が異なる内容になっています。

 

考えなければならないのは、その人の見かけではなく、潜在能力だ。

隠れた可能性を発見できたら、組織を大きく変えることができる。

忠誠心とすぐれた才能は切り離して考えることが重要だ。

 

たいていのリーダーは、すぐれた才能よりも忠誠心を好む。

有能な人材をそばに置くことで、自分の存在がかすんでしまうことを恐れるからだ。

私の考えは彼らとは違う。

 

イスラエルのシモン・ペレス大統領

 

 

最高のリーダーは自分の強みをまず知り、それに適したチームを作っている!

 

古今東西の昔からの教訓として、「汝自身を知れ!」と言われていますが、優秀なリーダーは自分の強みを十分理解しており、そこに投資をしています。

そして、周囲に適切な人材を配置し、チームの力を最大限に引き出すことに多大な努力をしています。

 

ここで大切なことは、まずは自分にとっての強み(才能)を明確に把握することです。

本書にあるWEBテストを受けることで自分にとっての強みのトップ5を知ることが可能となります。

 

才能の源泉を知ろう!

 

ちなみに私が受けたテストの結果は以下のようになりました。

 

1位:収集心

 

収集心の資質にすぐれている人は知りたがり屋です。

この人は、あらゆる種類の情報を集め、保管することを好みます。

 

2位:自我

 

自我の資質にすぐれた人には、他人の目にとても重要な人間として映りたいという願望があります。

独立心が強く、認められることを望んでいるのです。

 

3位:着想

 

着想の資質にすぐれた人は、ひらめきに魅力を感じます。

見た目には共通点のない現象につながりを見つけることができる人です。

 

4位:最上志向

 

最上志向の資質にすぐれた人は、個人や集団の優秀さを伸ばす手段として強みに注目します。

この人はすぐれたものを最高のものに変えようとします。

 

5位:内省

 

内省の資質にすぐれた人は、頭脳活動を好みます。

この人は内省的で、知的な討論を愉しむタイプです。

 

結構、怖いほどに当たっていました(笑)。

これをリーダーシップの4つの領域に当てはめていくと…

 

「影響力の資質」と「戦略的思考力の資質」が、私にはあると判断ができるのです。

 

(本文一部抜粋)

 

影響力で統率するリーダーは、チームの言い分をより広く外部に知らしめようとする。

この領域の強みを持つ人たちは、常に組織内外にチームのアイデアを売り込んでいる。

主導権を握り、はっきりと意見を表明してくれる人が必要なとき、さらにグループの主張をまわりに確実に聞いてもらいたいときには、きわだった影響力を持つ人を探すといい。

 

 

戦略的思考力を備えたリーダーは、あらゆる可能性に目を向けさせる。

また、たえず情報を取り入れ、分析し、チームがよりよい決断を下せるよう協力を惜しまない。

常に先を読み、それに合った筋道を考えるよう導いてくれるのも、この領域の強みを備えたリーダーたちだ。

 

 

こういった自分の強みを知った上で、チームメンバーを構成し、「信頼・思いやり・安定・希望」などのフォロワーの基本的欲求を満たすように行動していくことが大切なようです。

何回も読み直して上手く活用できるようにしていきたいです。

 

ジェームス・スキナーの名古屋特別講演会が終わって今思うこと!

ジェームス・スキナー

 

ジェームス・スキナーの名古屋特別講演会が終わって今思うこと!

 

2017年5月4日(木・祝日)、「人生が変わる成功の秘訣」という講演会に携わる機会があり、私は実行委員のメンバーとして約3ヶ月間程活動していました。

講師にジェームス・スキナー氏を迎えて、名古屋市金山駅にある日本特殊陶業市民会館ビレッジホールにて、特別講演会を開催しました。

 

講演会が終わってから1週間以上が経ち、少し休息を取り、振り返る時間ができたので、振り返ってみたいと思います。

ちなみにこの記事は、今後1,000人以上の集客イベントをやろうと思ってる方や、チーム作り・濃い人間関係構築をする際に何か役に立てば良いなと思い、実体験に基づき書いています。

 

何はともあれチーム作りが大事!

 

主催者から声がかかり、1番最初にミーティングをしたのが、1月末でその時に集まったメンバーは5人でした。(1人は途中から抜けました)

もう講演会の日程と場所は決まっており、5月4日に1,149名の座席がある会場にジェームス・スキナーを呼んで講演会を開催したいと言われました。

 

私は、内心率直な意見として「マジで準備時間が少ない」と思いましたが、この時は難しいことに挑戦をするというワクワク感があったのでおもしろそうと思って安易に引き受けました。

基本的には、ジェームスが教えている、「成功の9ステップ」のライブセミナーに参加したことがある人を中心に声掛けをして、講演会のサポートをボランティアとして力を貸して下さいとお誘いをしました。

大体スタートしてからの1週間位で40人近くの方にサポートメンバーとして力を貸しますと返事だけはもらえました。

 

期待に胸を膨らませた船出でしたが…

 

人間の動機やモチベーションに関しては、自分もそうですが、大体1番最初の頃が高くて、時間が経過するにつれて、下がったり・横ばいだったり、何かをきっかけにまた上がったりすると思います。

このチームに関してもまさにそれが反映して、最初の全体のキックオフミーティングには15名近くのメンバーが集まり、顔合わせと今後の活動方針や集客のやり方などを議論しました。

 

しかし、2回目の全体ミーティングの時は、実行委員のメンバーを除けばたったの1人しかミーティングへの参加がなく、実行委員のメンバーは内心焦りました。

 

主催者を含めた実行委員のメンバーとは、1週間に2,3回位の頻度で集まり、戦略・現状把握・今後の計画などをとことん話し合いました。

みんな仕事が終わった夜に集まるので、ほぼ毎回深夜2時位を回る日も沢山ありました。

 

本気でやるからこそぶつかり悪戦苦闘する日々!

 

1週間に1回は全体ミーティングをしてサポートメンバーさんに「集客」を手伝ってもらうための手法・考え方などを教えて、それにプラスして実行委員のメンバーとは週に2日位は集まって戦略・戦術の意思決定や方針を考えるために集まりました。

 

3月に入ってからチームの進捗状況を考えて段々焦り出しました。

そして、実行委員のメンバー同士もヒートアップしてきて、夜中を過ぎても激論・討論が続く日々があり、その矛先は主催者に当たることが多かったので、何度か泣かせたことがあります。

 

結局いつも行き着く答えは、まだまだ「見せかけのチーム」であり、建て前でうまくまとめようとしてるからチーム全体にその熱が伝わらないというものでした。

 

一度ぶっ壊す覚悟で本音を言った夜!

 

集まりやすい場所の都合上、大体実行委員のメンバーとのミーティングは私の部屋に集まってやることが多かったのですが、この微妙なチームの空気感を打破したくて、「破壊無くして創造なし」の精神で本音をぶつけました。

 

もうこれでぶっ壊れるチームの関係性ならいっその事壊れて再構築した方が良いと思っていましたし、その時の自分の心境としては限界に来ていたので、無責任ですがもうチームを脱退する決意で本音を言いました。

 

内容は長いので要約して言ったことは、「主催者がお金を払ってイベントを立ち上げた立場上、チームリーダーになってるけど、全然リーダーの役割を果たしていないし、チームが機能していない、今後もこの調子でやり続けるの?」と。

 

相手を傷付けることになるから本当は言いたくないことだったけど、キレイ事と建て前を言って、最後まで本当のチームが作れないままで頓挫するのはイヤだったので、心を鬼にして言いました。

そしたら他のメンバーからも次々と本音が出てきて、結果的には結束力が強まった夜になりましたし、耳の痛い話でも受け止めてくれる器の広い主催者で良かったなと安心した日でもありました。

 

後日談を言うとあれでさらにチームの雰囲気が悪くなるようなら完全に抜ける気持ちでいましたから。

 

嵐のような日々が続き…

 

個人的には、絶対に最後まで体力的にはしんどくても主催者を支えて、チーム全体を活気づけるために鼓舞し続けようと決意しましたし、不思議なことにサポートメンバーさんも徐々に活動的にお手伝いをしてくれるようになってきました。

 

「思いは形を作る!」

 

これをリアルに体感しました。

 

学校や書店に積極的に営業してくれる人がいたり、チラシ配りを頑張ってくれる人がいたり、FBでの告知投稿をやってくれる人がいたり、セミナー集客などのプロの方を紹介してくれたりと、色んな影響の輪が広がっていきました。

 

全体ミーティングの参加人数も増えてきて、すごく忙しい時期だったけどとても充実した日々でした。

 

講演会を無事に終えて…

 

当日お手伝いをしてくれたサポーターさんの数も多く、色んな地域から来てくれる人もいて本当にありがたく心強かったです。

大きな事故やトラブルもなく、無事に講演会を終え、笑顔でジェームスとの写真撮影を終えて会場をあとにしたゲストさんの後ろ姿を見て、最後まで走り続けて良かったなと思いました。

 

そして、講演会後は、関わってくれたチームメンバーの方と打ち上げに行き、楽しい夜を過ごし、横の繋がりや絆が一層強くなり良い思い出となりました。

とくに実行委員のメンバーとは、この数ヶ月間、時間や曜日を問わず本気で意見を言い、心でぶつかり合ったので、ある種家族のような感覚を勝手に私は持っております(笑)。

 

最後にメモリアルムービーをアプリで作成しました。

 

 

 

 

完全に自己満足の世界ですが、結構簡単に作れました。

 

そして、最後に1番強く思うことは、「仲間って最高!」

 

そうワンピースのルフィーのように叫びたくなる位に、今回の講演会に携わってくれた方には感謝しています。

 

 

超一流のリーダーに共通する5つの時間管理術!

 

超一流のリーダーに共通する5つの時間管理術!

 

偉業を達成する大物や、複数の事業をいくつも立ち上げては上手く軌道に乗せる経営者には、いくつか共通点があります。

まず1つ大きなものとしては、多くの人を巻き込む迸るような情熱(パッション)を持っています。

 

何としてでも成し遂げたいと思うビジョンや熱い想いに共感して多くの賛同を得られ、仲間や協力者が集まってきます。

 

今回は、それに加え、超一流のリーダーに共通する5つの時間管理術を紹介したいと思います。

 

1、忙しいがストイックではない。

 

基本的に経営者や人の上に立つ指導者や何かの組織のチームリーダーなどは、やることが多く忙しいです。

いちいち報告・連絡・相談などの「報・連・相」に対応している時間もありませんし、そもそもそんなことを実行しているリーダーは二流です。

 

しかし、1分1秒の大切さは十分理解していますが、OnとOffの切り替えが仕事の質を高めることを知っていますし、遊ぶ時はしっかりと遊ぶ心のゆとりも持っています。

それにリーダーが常に鬼気迫る感じで組織を束ねていたら短期的には良い結果を出すことはできるかもしれませんが、いずれみんな疲弊して士気が下がることを知っています。

 

2、ベストな体調を知っている。

 

ハイパフォーマンスを出すための自分にとっての体調管理法を知っています。

その為に、朝食は軽めにするとか、満腹になると午後から眠くなるからランチはリンゴ1個だけとか独自のルールを持っています。

 

目覚めのために朝走る習慣を身に付けている人も沢山います。

 

3、頭を空っぽにする時間を作る。

 

忙しかったり日々の業務に追われていると、どうしても多くの雑念やいらない騒音が入ってきます。

1日に5分~10分ほど、良いアイデアが生まれる準備のために瞑想・ヨガなどを取り入れるリーダーは沢山います。

 

スティーブ・ジョブズは、禅の思想に影響を受けて、仕事をする前には瞑想をすることを習慣にしていました。

 

4、アイデアはすぐにメモする。

 

ちょっとしたアイデアやインスピレーションが、ものすごいヒット商品に繋がったり、サービスになる時代です。

コンパクトなアイデア帳などを常に持参しており、何か閃いたりしたらすぐにメモを取り、記録に残します。(ボイスメモ等)

 

5、家族もリスクマネジメント。

 

日頃から家族が、自分自身を支えてくれるからこそ大事な「仕事・志事」に集中できることを理解しているので、週末の家族サービスなどもとても大切にしています。

 

また、1番身近なコミュニティーである家族を大事にできなかったり、上手く家庭をまとめることができない人が、会社や組織を上手くまとめることができるのか?

従業員やチームメンバーを思いやって会社のビジョンやミッションを共有しているか?

 

そこまで厳しく見て、家族を大切にする人もいます。(欧米ではその傾向があります)

 

いかがでしたか?

以上の5つが、超一流のリーダーに共通する5つの時間管理の法則でした。

 

すぐにできるものもあれば、最初は中々難しいものもあると思います。

ただし、少し自分自身の意識や考え方(マインドセット)を変えるだけで、大きな結果に結びつくものもありますので、この機会にできることからやってみてほしいと思います。