富樫栄孝の公式ブログ!

All posts in マインドセット

マインドフルネス:ブッダの教え!



マインドフルネス

 

マインドフルネス:ブッダの教え!

 

少し前から世界を牽引する企業まで育ったGoogleが、社員研修の中で取り入れているものとして一気に認知されるようになったマインドフルネス。

集中力の強化・ストレスの軽減・アイデアや閃き力を育てるための側面として知られるようになり、ビジネスマンやアスリートの間でも1つの流行となっています。

 

ただ、本質はそこではなく、マインドフルネスの手法を編み出したブッダ(釈迦)は、人が幸せになるための方法として「慈悲の心」を養う必要があると説き、それを養うための修行(トレーニング)が、マインドフルネスが生まれた一因と言われています。

 

マインドフルネスとは!?

 

「ある」ものをただ「ある」と認識すること:Knowing(知っている)

 

心の状態を反応ではなく、理解すること。

過去の悪い記憶に反応してしまうから悩みや苦しみが生まれるとブッダは説きました。

 

過去の出来事を考えたり後悔するのではなく、まだ見ぬ未来を心配するのではなく、今現在の自分の内面(心の状態)を観察することが、最初の一歩となります。

 

気づき(Sati)を増やすこと!

 

ブッダは、弟子たちにありのままの自分の状態で、幸せに生きるためには、Sati(サティ)を増やすことであると教えていました。

Satiとは、気づきです。

気づき=理解することが大切であると言いました。(反応はしないこと)

 

人の心の動き方!

 

・感情:受(Uedana)

・思考:想(Sanna)

・意欲:行(Sankhara)

・感覚:色(Rupa)

 

この中で、マインドフルネスの練習をする上で大事なのは、感覚(色)となり、これは人間の五感のことを指します。

 

心の使い方!

 

ブッダが説いた仏教とは何か!?

一神教を信じるキリスト教やイスラム教などとは異なり、仏の道を信じるものでもありません。

 

ブッダが説いた仏教とは、極めて合理的であり、確かなロジックがあります。

端的に言ってしまうと仏教とは…

 

正しい理解と思考によって苦(Dukkha)から解放される方法です。

 

そして何を正しく理解するかと言うと、自分の心です。

 

「理解」と「反応」

 

この2つの概念は全くの別ものとなります。

 

トレーニングのやり方!

 

胡坐や座禅を組み、しっかりと背筋を伸ばし、半目の状態か軽く目を閉じます。

ゆっくりと呼吸をし、その呼吸を通して自分の内面をただ観察するだけです。

ただ、この観察するだけという行為が、能動的に生きる人間にとっては難しい行となります。

だから日々練習するのです。

 

そして、妄想(雑念)しそうになったら自分の感覚(五感)に返ることです。

もし、マインドフルネスをやろうと座っている時に「寒い・冷たい」という身体的な感情が生まれたら、その感情を俯瞰的にただ観察するだけです。

 

第三者の目線でただ観察することで、普段見落としがちな気づきに接する瞬間があります。

マインドフルネスとは、理解する心を養う行為です。

 

1日に5分でもいいので、心を静め目を閉じて練習(観察)することを日課にしてみましょう。

毎日やってみても毎回違う思考・新しい気づきに出合うに違いありません。

 

断捨離ではなく、談謝理して心をスッキリしよう!



談謝理して運気アップ

 

断捨離ではなく、談謝理して心をスッキリしよう!

 

年末が近づいてくると、身辺整理だったり、大掃除をして、身も心も環境もきれいにしようと、断捨離(だんしゃり)を意識する人も増えてくる頃だと思います。

そもそも断捨離とは、ヨガの行法である断行(だんぎょう)・捨行(しゃぎょう)・離行(りぎょう)を応用し、山下英子氏が作った造語の1つです。

 

・断:入ってくるいらない物を断つ。(買わない)

・捨:家にずっとあるいらない物を捨てる。

・離:物への執着から離れる。

 

しかし、いざ実践しようと思っても「いつか使うのではないかな?」とか、「捨てるのがもったいない」といった罪悪感からなかなか実行できない人もいるのが事実です。

とくに物や食べ物が不足していた時代を生きた方や、その親の考え方の影響を受けた方にとっては、きっぱりと断捨離を行うのは難しいと思います。

 

談謝理(だんしゃり)に置き換えよう!

 

あるヨガの雑誌の中に、談謝理という新たな片付け術の概念が掲載されていました。

この「談謝理」とは、面談・感謝・理解の3段階を追って行うものです。

この3つのステップを経て、部屋の片づけだけではなく、気持ちもスッキリさせることができるので、以下に紹介します。

 

談:物と面談する!

 

最初のステップは、今自分の身の回りにある物と向き合って面談することです。

その際のキーワードとして、「生きてる?」、「死んでる?」、「再生できる?」という3つの質問です。

 

目の前にある物が、「よく動いている=生きている」のであれば、今の自分に確実に必要な物であると判断します。

反対に、「長い間動きがない=死んでいる」のであれば、必要のない物かもしれません。

しかし、簡単に死んでいると認めにくい物も中には出てくると思います。

 

その際は、使用用途や配置などを変更して、リニューアル(再生)できるかを考えてみるのです。

再生できない物があればそれは必要のない物と判断します。

 

謝:感謝して手放す!

 

次のステップは、面談を通して、「死んでいる」、「生かせない」と区別した物は、「捨てる・売る・譲る」などして、手放すことです。

しかし、一度はご縁があって自分の元にきた大切な物でした。

手放す前に、「今の私があるのは君たちのおかげ、ここまで成長できたからこそ、卒業することができそうです、ありがとう」と感謝を伝えること。

 

感謝して手放すことで、きれいにお別れができるだけではなく、物に依存しなくても前進できる新たな自分との出会いにも繋がるそうです。

 

理:自分を理解する!

 

このステップまで実践すると、見栄や不安・惰性で抱え込んできた物は無くなり、今の自分にとって必要な物だけが残っています。

それはつまり、あなた本来の価値観を映し出した鏡です。

 

この「談謝理」のゴールは、自分自身を理解することです。

今の自分にとって必要な物と空間で暮らせるようになると、余計な物を管理する時間や、目や耳に入ってくるノイズ的な情報がなくなり、自分にとって本当に重要なことに集中するための内なるエネルギーが生まれます。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

このように身の回りの物を通して今の自分自身を知ることは、迷わず心軽やかに人生を楽しめる未来へと歩んでいくためのはじめの一歩となります。

 

整理整頓が苦手でめんどくさいなと思っている年末の大掃除ですが、これを機会に少しづつエリアごとに片づけていきたいと思います。

談謝理して良い運気(エネルギー)を取り入れましょう。

 

 

クリエイティブな思考は移動することで進化する!

クリエイティブ思考

 

クリエイティブな思考は移動することで進化する!

 

クリエイティブなアイデアや発想が欲しいと思っていますか?

または、現在課題や問題を抱えており、それらを解決する劇的な解決策を探し求めていますか?

 

もし、そういったことを考えており、現状を打破したいと思っているなら発想の転換をする必要があります。

例えば…

 

社内で仕事することが多いなら外に出る機会を増やす。

夜遅くまで残業しているなら、早く寝て早朝から仕事をしてみる。

普段見ないような雑誌や本をあえて読んでみるなど、ちょっとした発想の転換1つで、今までは見落としていたことや新たな気づきを得ることは沢山あります。

 

旅が様々なことを教えてくれる。

 

ハリウッドスターであるブラッド・ピットが以前インタビューでおもしろいことを言っていました。

 

素晴らしい文化や異なる宗教、生活様式に子どもたちを触れさせる。

それは、最高の教育だと思う。

 

確かにこれは一理ある真理だと思います。

 

アイデアと移動距離は比例する。

 

クリエイターの高城剛さんをはじめ、作家さんやアーティストの方々が似たような発言をしています。

また過去の歴史を見ると、モーツァルトなどの偉大な音楽家たちは、ヨーロッパ内を頻繁に旅をして数多くの名曲を書いています。

 

フランスの経済学者であり、思想家でもあるジャック・アタリも著書の中でこう書いています。

 

人間の歴史は流浪(ノマディズム)とともに始まるのであり、人間が世界を見出したのは動くこと、流浪することによってである。

(中略)

人類が生き延び進歩してきたのは流浪生活のおかげだ。

「いま、目の前で起きていることの意味について」

 

とくに国内よりも海外に移動した方が、より革新的なアイデアや閃きが生まれやすいとそれぞれの体験ベースでもあるかと思います。

なぜなら海外に出るといやでも新しい言語・文化や風習・人々の生活に触れる機会があるからです。

 

自分の脳と身体に色んな刺激を受けることで、成長に繋がるからです。

普段、自分がいる安全領域を飛び越えて色んなところに移動(旅)しましょう。(自戒の意味合いもこめて)

 

普遍的な能力(スキル)を身に付け、活躍するための4つの法則!


マインドセット

 

普遍的な能力(スキル)を身に付け、活躍するための4つの法則!

 

「断捨離」という言葉が以前流行ったように、部屋の掃除や頭の中の整理整頓をすることが、モノと情報で溢れている現代社会ではとても大切な事として知られています。

また、人生の垢をきれいに捨てて、シンプルに自分らしく生きる術をみんな心の中で求めているような気がします。

 

今回は、時代の流れが早い今後を生き抜く上で、必要な能力(スキル)を身に付け、活躍する4つの法則を紹介します。

 

1、明確な目標を持つ!

 

他人と比べて競争する時代ではなく、今は個人が尊重され、共存・共生していくパラダイムに変化した時です。

 

このような時に邪魔する概念は、今までの受験戦争や出世レースのように、他人と比較してものさしを量る考え方は、古いし適用できません。

長い目で自分自身の人生を見て、「本当はどんな人生を送りたいのか?」ということを自問自答して、自分なりの大義名分や目標を探さないといけません。

 

それも短期的なものではなくて、長期的な目標を持つことが大切です。

できれば、仕事とプライベートというように、カテゴリー分けをして考えるとバランスを崩す確率は減っていきます。

 

2、時の変化に忠実に対処する!

 

グローバル社会になり、今は24時間体制で、世界中で色んなことが起きるので、私たちは時の変化に鈍感になってきてしまいました。

しかし、この地球が出来てから重力があるように、人間の力では到底及ばない普遍的な原理原則があります。

それを農場の法則と言ったり、一陰一陽これを道と謂うといった変えられない偉大な天地のエネルギーがあります。

 

春・夏・秋・冬といった四季があり、朝が来ればやがて日は沈み夜が来ます。

同様に自分自身の人生でも楽しい春の時もあれば、長く厳しい冬の時代もあります。

 

だからと言って厳しい冬の時代がだめということではなく、冬の時には滋養(学び)の時と思い、根をしっかりと張る気持ちでその時に適したことをすればいいだけです。

どんなものでも時のサイクルが必ずあり、それを適切に読み取り、その時に適した判断と行動をすれば必ず実りの秋を迎えられます。

 

3、過去が通用しない世界にあえて飛び込んでみる!

 

今の日本は、「終身雇用制度」が完全に崩壊したあとです。

IT技術とAIなどが日進月歩で成長しており、1つのスキルや技術だけではじきにロボットに仕事が奪われる時と言われています。

 

ここで大事なことは、柔軟性を持って、常にリニューアルする精神を持つことです。

劇的にリニューアルする方法としては、全く今まで自分がやったことがない分野だったり、苦手なことに挑戦してみることです。

そうすることで、飛躍的に今まで眠っていた能力が目を覚ましたり、学習能力・思考力も磨かれます。

 

「一生勉強・一生青春」の言葉通り、新しいことに挑戦することで、肉体的・精神的にも若さと健康を保てます。

 

4、自分なりの幸福の基準を持つ!

 

一般的に先進国のようにモノが豊富にある国での自殺をする人が後を絶ちません。

自殺の原因は一概にこれだというものは断定できませんが、おそらくは自分自身を見失った果てだと思います。

 

ではなぜ?自分を見失うのか?

 

それは他人と比べるからです。

とくに情報化社会の先進国では、必要のないノイズが沢山入ってきます。

 

勝ち組・負け組と言ったり、今では下流老人といった言葉の暴力もあります。

お金や良いものを沢山持ってることが本当の幸せなのか?

 

そこの判断基準は、自分なりに考慮して見定める必要があります。

もちろん、お金は生きていく上では必要なものですが、自分の器以上のものを求めたり、ひょんなことで受け取ると身を滅ぼします。

 

物欲は、求めると止まることがないので、モノを求めるのではなく、心の豊かさ・人との繋がりなどに視点を変えることが大切です。

 

まとめると…

 

冒頭の「断捨離」の考え方は本当に大切で、不要なものはどんどんと捨てることです。

過去の価値観や古いモノなどを捨てていくと、本当に大切なことに気付き、不思議なことに必要なことがまた新しい器に入ってくるのです。

 

そして、しっかりと自分のアイデンティティーを持ってる人のところにチャンスや人が集まり、輝かしい活躍の踊り場が次々と出てくるのです。

あなたはいつ不要なモノや人生の垢を洗い流しますか?

一度時間を取っていらないものなどを処分してみると見えてくるものがあると思います。