富樫栄孝の公式ブログ!

クリエイティブな思考は移動することで進化する!

クリエイティブ思考

 

クリエイティブな思考は移動することで進化する!

 

クリエイティブなアイデアや発想が欲しいと思っていますか?

または、現在課題や問題を抱えており、それらを解決する劇的な解決策を探し求めていますか?

 

もし、そういったことを考えており、現状を打破したいと思っているなら発想の転換をする必要があります。

例えば…

 

社内で仕事することが多いなら外に出る機会を増やす。

夜遅くまで残業しているなら、早く寝て早朝から仕事をしてみる。

普段見ないような雑誌や本をあえて読んでみるなど、ちょっとした発想の転換1つで、今までは見落としていたことや新たな気づきを得ることは沢山あります。

 

旅が様々なことを教えてくれる。

 

ハリウッドスターであるブラッド・ピットが以前インタビューでおもしろいことを言っていました。

 

素晴らしい文化や異なる宗教、生活様式に子どもたちを触れさせる。

それは、最高の教育だと思う。

 

確かにこれは一理ある真理だと思います。

 

アイデアと移動距離は比例する。

 

クリエイターの高城剛さんをはじめ、作家さんやアーティストの方々が似たような発言をしています。

また過去の歴史を見ると、モーツァルトなどの偉大な音楽家たちは、ヨーロッパ内を頻繁に旅をして数多くの名曲を書いています。

 

フランスの経済学者であり、思想家でもあるジャック・アタリも著書の中でこう書いています。

 

人間の歴史は流浪(ノマディズム)とともに始まるのであり、人間が世界を見出したのは動くこと、流浪することによってである。

(中略)

人類が生き延び進歩してきたのは流浪生活のおかげだ。

「いま、目の前で起きていることの意味について」

 

とくに国内よりも海外に移動した方が、より革新的なアイデアや閃きが生まれやすいとそれぞれの体験ベースでもあるかと思います。

なぜなら海外に出るといやでも新しい言語・文化や風習・人々の生活に触れる機会があるからです。

 

自分の脳と身体に色んな刺激を受けることで、成長に繋がるからです。

普段、自分がいる安全領域を飛び越えて色んなところに移動(旅)しましょう。(自戒の意味合いもこめて)

 

普遍的な能力(スキル)を身に付け、活躍するための4つの法則!


マインドセット

 

普遍的な能力(スキル)を身に付け、活躍するための4つの法則!

 

「断捨離」という言葉が以前流行ったように、部屋の掃除や頭の中の整理整頓をすることが、モノと情報で溢れている現代社会ではとても大切な事として知られています。

また、人生の垢をきれいに捨てて、シンプルに自分らしく生きる術をみんな心の中で求めているような気がします。

 

今回は、時代の流れが早い今後を生き抜く上で、必要な能力(スキル)を身に付け、活躍する4つの法則を紹介します。

 

1、明確な目標を持つ!

 

他人と比べて競争する時代ではなく、今は個人が尊重され、共存・共生していくパラダイムに変化した時です。

 

このような時に邪魔する概念は、今までの受験戦争や出世レースのように、他人と比較してものさしを量る考え方は、古いし適用できません。

長い目で自分自身の人生を見て、「本当はどんな人生を送りたいのか?」ということを自問自答して、自分なりの大義名分や目標を探さないといけません。

 

それも短期的なものではなくて、長期的な目標を持つことが大切です。

できれば、仕事とプライベートというように、カテゴリー分けをして考えるとバランスを崩す確率は減っていきます。

 

2、時の変化に忠実に対処する!

 

グローバル社会になり、今は24時間体制で、世界中で色んなことが起きるので、私たちは時の変化に鈍感になってきてしまいました。

しかし、この地球が出来てから重力があるように、人間の力では到底及ばない普遍的な原理原則があります。

それを農場の法則と言ったり、一陰一陽これを道と謂うといった変えられない偉大な天地のエネルギーがあります。

 

春・夏・秋・冬といった四季があり、朝が来ればやがて日は沈み夜が来ます。

同様に自分自身の人生でも楽しい春の時もあれば、長く厳しい冬の時代もあります。

 

だからと言って厳しい冬の時代がだめということではなく、冬の時には滋養(学び)の時と思い、根をしっかりと張る気持ちでその時に適したことをすればいいだけです。

どんなものでも時のサイクルが必ずあり、それを適切に読み取り、その時に適した判断と行動をすれば必ず実りの秋を迎えられます。

 

3、過去が通用しない世界にあえて飛び込んでみる!

 

今の日本は、「終身雇用制度」が完全に崩壊したあとです。

IT技術とAIなどが日進月歩で成長しており、1つのスキルや技術だけではじきにロボットに仕事が奪われる時と言われています。

 

ここで大事なことは、柔軟性を持って、常にリニューアルする精神を持つことです。

劇的にリニューアルする方法としては、全く今まで自分がやったことがない分野だったり、苦手なことに挑戦してみることです。

そうすることで、飛躍的に今まで眠っていた能力が目を覚ましたり、学習能力・思考力も磨かれます。

 

「一生勉強・一生青春」の言葉通り、新しいことに挑戦することで、肉体的・精神的にも若さと健康を保てます。

 

4、自分なりの幸福の基準を持つ!

 

一般的に先進国のようにモノが豊富にある国での自殺をする人が後を絶ちません。

自殺の原因は一概にこれだというものは断定できませんが、おそらくは自分自身を見失った果てだと思います。

 

ではなぜ?自分を見失うのか?

 

それは他人と比べるからです。

とくに情報化社会の先進国では、必要のないノイズが沢山入ってきます。

 

勝ち組・負け組と言ったり、今では下流老人といった言葉の暴力もあります。

お金や良いものを沢山持ってることが本当の幸せなのか?

 

そこの判断基準は、自分なりに考慮して見定める必要があります。

もちろん、お金は生きていく上では必要なものですが、自分の器以上のものを求めたり、ひょんなことで受け取ると身を滅ぼします。

 

物欲は、求めると止まることがないので、モノを求めるのではなく、心の豊かさ・人との繋がりなどに視点を変えることが大切です。

 

まとめると…

 

冒頭の「断捨離」の考え方は本当に大切で、不要なものはどんどんと捨てることです。

過去の価値観や古いモノなどを捨てていくと、本当に大切なことに気付き、不思議なことに必要なことがまた新しい器に入ってくるのです。

 

そして、しっかりと自分のアイデンティティーを持ってる人のところにチャンスや人が集まり、輝かしい活躍の踊り場が次々と出てくるのです。

あなたはいつ不要なモノや人生の垢を洗い流しますか?

一度時間を取っていらないものなどを処分してみると見えてくるものがあると思います。

 

ジェームス・スキナーの名古屋特別講演会が終わって今思うこと!

ジェームス・スキナー

 

ジェームス・スキナーの名古屋特別講演会が終わって今思うこと!

 

2017年5月4日(木・祝日)、「人生が変わる成功の秘訣」という講演会に携わる機会があり、私は実行委員のメンバーとして約3ヶ月間程活動していました。

講師にジェームス・スキナー氏を迎えて、名古屋市金山駅にある日本特殊陶業市民会館ビレッジホールにて、特別講演会を開催しました。

 

講演会が終わってから1週間以上が経ち、少し休息を取り、振り返る時間ができたので、振り返ってみたいと思います。

ちなみにこの記事は、今後1,000人以上の集客イベントをやろうと思ってる方や、チーム作り・濃い人間関係構築をする際に何か役に立てば良いなと思い、実体験に基づき書いています。

 

何はともあれチーム作りが大事!

 

主催者から声がかかり、1番最初にミーティングをしたのが、1月末でその時に集まったメンバーは5人でした。(1人は途中から抜けました)

もう講演会の日程と場所は決まっており、5月4日に1,149名の座席がある会場にジェームス・スキナーを呼んで講演会を開催したいと言われました。

 

私は、内心率直な意見として「マジで準備時間が少ない」と思いましたが、この時は難しいことに挑戦をするというワクワク感があったのでおもしろそうと思って安易に引き受けました。

基本的には、ジェームスが教えている、「成功の9ステップ」のライブセミナーに参加したことがある人を中心に声掛けをして、講演会のサポートをボランティアとして力を貸して下さいとお誘いをしました。

大体スタートしてからの1週間位で40人近くの方にサポートメンバーとして力を貸しますと返事だけはもらえました。

 

期待に胸を膨らませた船出でしたが…

 

人間の動機やモチベーションに関しては、自分もそうですが、大体1番最初の頃が高くて、時間が経過するにつれて、下がったり・横ばいだったり、何かをきっかけにまた上がったりすると思います。

このチームに関してもまさにそれが反映して、最初の全体のキックオフミーティングには15名近くのメンバーが集まり、顔合わせと今後の活動方針や集客のやり方などを議論しました。

 

しかし、2回目の全体ミーティングの時は、実行委員のメンバーを除けばたったの1人しかミーティングへの参加がなく、実行委員のメンバーは内心焦りました。

 

主催者を含めた実行委員のメンバーとは、1週間に2,3回位の頻度で集まり、戦略・現状把握・今後の計画などをとことん話し合いました。

みんな仕事が終わった夜に集まるので、ほぼ毎回深夜2時位を回る日も沢山ありました。

 

本気でやるからこそぶつかり悪戦苦闘する日々!

 

1週間に1回は全体ミーティングをしてサポートメンバーさんに「集客」を手伝ってもらうための手法・考え方などを教えて、それにプラスして実行委員のメンバーとは週に2日位は集まって戦略・戦術の意思決定や方針を考えるために集まりました。

 

3月に入ってからチームの進捗状況を考えて段々焦り出しました。

そして、実行委員のメンバー同士もヒートアップしてきて、夜中を過ぎても激論・討論が続く日々があり、その矛先は主催者に当たることが多かったので、何度か泣かせたことがあります。

 

結局いつも行き着く答えは、まだまだ「見せかけのチーム」であり、建て前でうまくまとめようとしてるからチーム全体にその熱が伝わらないというものでした。

 

一度ぶっ壊す覚悟で本音を言った夜!

 

集まりやすい場所の都合上、大体実行委員のメンバーとのミーティングは私の部屋に集まってやることが多かったのですが、この微妙なチームの空気感を打破したくて、「破壊無くして創造なし」の精神で本音をぶつけました。

 

もうこれでぶっ壊れるチームの関係性ならいっその事壊れて再構築した方が良いと思っていましたし、その時の自分の心境としては限界に来ていたので、無責任ですがもうチームを脱退する決意で本音を言いました。

 

内容は長いので要約して言ったことは、「主催者がお金を払ってイベントを立ち上げた立場上、チームリーダーになってるけど、全然リーダーの役割を果たしていないし、チームが機能していない、今後もこの調子でやり続けるの?」と。

 

相手を傷付けることになるから本当は言いたくないことだったけど、キレイ事と建て前を言って、最後まで本当のチームが作れないままで頓挫するのはイヤだったので、心を鬼にして言いました。

そしたら他のメンバーからも次々と本音が出てきて、結果的には結束力が強まった夜になりましたし、耳の痛い話でも受け止めてくれる器の広い主催者で良かったなと安心した日でもありました。

 

後日談を言うとあれでさらにチームの雰囲気が悪くなるようなら完全に抜ける気持ちでいましたから。

 

嵐のような日々が続き…

 

個人的には、絶対に最後まで体力的にはしんどくても主催者を支えて、チーム全体を活気づけるために鼓舞し続けようと決意しましたし、不思議なことにサポートメンバーさんも徐々に活動的にお手伝いをしてくれるようになってきました。

 

「思いは形を作る!」

 

これをリアルに体感しました。

 

学校や書店に積極的に営業してくれる人がいたり、チラシ配りを頑張ってくれる人がいたり、FBでの告知投稿をやってくれる人がいたり、セミナー集客などのプロの方を紹介してくれたりと、色んな影響の輪が広がっていきました。

 

全体ミーティングの参加人数も増えてきて、すごく忙しい時期だったけどとても充実した日々でした。

 

講演会を無事に終えて…

 

当日お手伝いをしてくれたサポーターさんの数も多く、色んな地域から来てくれる人もいて本当にありがたく心強かったです。

大きな事故やトラブルもなく、無事に講演会を終え、笑顔でジェームスとの写真撮影を終えて会場をあとにしたゲストさんの後ろ姿を見て、最後まで走り続けて良かったなと思いました。

 

そして、講演会後は、関わってくれたチームメンバーの方と打ち上げに行き、楽しい夜を過ごし、横の繋がりや絆が一層強くなり良い思い出となりました。

とくに実行委員のメンバーとは、この数ヶ月間、時間や曜日を問わず本気で意見を言い、心でぶつかり合ったので、ある種家族のような感覚を勝手に私は持っております(笑)。

 

最後にメモリアルムービーをアプリで作成しました。

 

 

 

 

完全に自己満足の世界ですが、結構簡単に作れました。

 

そして、最後に1番強く思うことは、「仲間って最高!」

 

そうワンピースのルフィーのように叫びたくなる位に、今回の講演会に携わってくれた方には感謝しています。

 

 

残念、5つの「あ」がない人は仕事がうまくいかない!

ビジネススキル

 

残念、5つの「あ」がない人は仕事がうまくいかない!

 

世の中には、高学歴なのにイマイチぱっとしないサラリーマンの方がいたり、1つの専門分野に精通した職人レベルの技術・スキルを持っていながらも職場を転々と変える少し残念な人たちがいます。

反対に高卒でも起業して身の丈にあっただけの従業員の数を雇い、着々と業績を伸ばす社長もいれば、そんなに抜きん出た能力がなくても愛されキャラとして上司やお客様から可愛がられ、営業の成績でトップを取り続ける営業マンもいます。

 

ようは、皮肉なことに高学歴なのに安月給な人と、低学歴でも高い給料を貰っている人がいるのです。

 

今回は、それを分けるキーワードとして、5つの「あ」がない人は仕事がうまくいかない理由を紹介します。

 

1、あいさつができない。

 

いくら高度なスキルや学歴があったとしてもコミュニケーションの基本ですよね。

IT技術が盛んになり、ネット世代の若者が増えてきて希薄になりつつありますが、こういった基本的なことができない人には大きな仕事などは任せられないですよね。

むしろこんな時代だからこそ明るく元気なあいさつができる人は好印象を与えられます。

 

2、ありがとうが言えない。

 

人間は他人から認められたり承認されたい生き物です。

小さいことでも素直に、「ありがとう」と感謝の気持ちが言える人の周りには人もチャンスも集まります。

 

3、謝れない。

 

自分の間違いや非を認めることはかっこ悪いし、評価が下がると思われがちですが、それは反対です。(ばれなきゃいいと思う精神は論外)

 

ちゃんと謝れる人は度量があり、器も大きい人です。

それに謝り方1つで、相手に誠意も伝わります。

 

4、頭を下げられない。

 

プライドの高さは上司や年上の方からしたら鼻持ちな存在です。

頭を下げて謝ることや、人の協力やアドバイスをもらえるようにお願いすることも大切なスキルの1つです。

 

格言として、男は根性、女は愛嬌と言いますが、男性でも「愛嬌」があった方が可愛がられますし、一緒にいて気持ちの良い人と思われて色んな人を紹介してくれるかもしれません。

 

5、新しいことに取り組まない。

 

つい昨日まで上手くやっていたことが通用しなくなる時代です。

常に新しい技術や最新情報などには、アンテナを張って敏感になった方がいいです。

 

現状維持=退化・後退です。

 

大人になっても一生青春・一生勉強と思って、いくつになっても好奇心と興味を持って生きた方が楽しいし、心身の老化現象もペースを落とせます。

それに単純に色んなことに興味を持って挑戦する人ってかっこいいし、応援したくなりませんか?

私自身も肝に銘じていることです。

 

いかがでしたか?

どれか1つでも自分自身に当てはまるものがありましたか?

 

あったとしたら今後は意識して改善するように努力すればいいだけです。

ちなみに私の場合は、3と4が意識しないとできない傾向にありますので、気を付けています(笑)。

 

仕事で出世したい人や、キャリアアップしたい方などの参考になれば嬉しい限りです。

 

 

超一流のリーダーに共通する5つの時間管理術!

 

超一流のリーダーに共通する5つの時間管理術!

 

偉業を達成する大物や、複数の事業をいくつも立ち上げては上手く軌道に乗せる経営者には、いくつか共通点があります。

まず1つ大きなものとしては、多くの人を巻き込む迸るような情熱(パッション)を持っています。

 

何としてでも成し遂げたいと思うビジョンや熱い想いに共感して多くの賛同を得られ、仲間や協力者が集まってきます。

 

今回は、それに加え、超一流のリーダーに共通する5つの時間管理術を紹介したいと思います。

 

1、忙しいがストイックではない。

 

基本的に経営者や人の上に立つ指導者や何かの組織のチームリーダーなどは、やることが多く忙しいです。

いちいち報告・連絡・相談などの「報・連・相」に対応している時間もありませんし、そもそもそんなことを実行しているリーダーは二流です。

 

しかし、1分1秒の大切さは十分理解していますが、OnとOffの切り替えが仕事の質を高めることを知っていますし、遊ぶ時はしっかりと遊ぶ心のゆとりも持っています。

それにリーダーが常に鬼気迫る感じで組織を束ねていたら短期的には良い結果を出すことはできるかもしれませんが、いずれみんな疲弊して士気が下がることを知っています。

 

2、ベストな体調を知っている。

 

ハイパフォーマンスを出すための自分にとっての体調管理法を知っています。

その為に、朝食は軽めにするとか、満腹になると午後から眠くなるからランチはリンゴ1個だけとか独自のルールを持っています。

 

目覚めのために朝走る習慣を身に付けている人も沢山います。

 

3、頭を空っぽにする時間を作る。

 

忙しかったり日々の業務に追われていると、どうしても多くの雑念やいらない騒音が入ってきます。

1日に5分~10分ほど、良いアイデアが生まれる準備のために瞑想・ヨガなどを取り入れるリーダーは沢山います。

 

スティーブ・ジョブズは、禅の思想に影響を受けて、仕事をする前には瞑想をすることを習慣にしていました。

 

4、アイデアはすぐにメモする。

 

ちょっとしたアイデアやインスピレーションが、ものすごいヒット商品に繋がったり、サービスになる時代です。

コンパクトなアイデア帳などを常に持参しており、何か閃いたりしたらすぐにメモを取り、記録に残します。(ボイスメモ等)

 

5、家族もリスクマネジメント。

 

日頃から家族が、自分自身を支えてくれるからこそ大事な「仕事・志事」に集中できることを理解しているので、週末の家族サービスなどもとても大切にしています。

 

また、1番身近なコミュニティーである家族を大事にできなかったり、上手く家庭をまとめることができない人が、会社や組織を上手くまとめることができるのか?

従業員やチームメンバーを思いやって会社のビジョンやミッションを共有しているか?

 

そこまで厳しく見て、家族を大切にする人もいます。(欧米ではその傾向があります)

 

いかがでしたか?

以上の5つが、超一流のリーダーに共通する5つの時間管理の法則でした。

 

すぐにできるものもあれば、最初は中々難しいものもあると思います。

ただし、少し自分自身の意識や考え方(マインドセット)を変えるだけで、大きな結果に結びつくものもありますので、この機会にできることからやってみてほしいと思います。